写真:サハリン映画祭8/30 チェーホフ文学記念館や街や

サハリン国際映画祭コンペティション部門『ぼくらの亡命』8/29に全上映終えた参加メンバー、監督・内田伸輝、撮影・斎藤文、主演の須森隆文と櫻井亜衣は、6日目の8/30、チェーホフ文学記念館を訪れ街を散策。
映画祭デイリーニュースもロシア語のみで英語なしという場所柄か、何処にいくにも通訳が同伴してくれるそうです。
明9/1夜7:15からチェーホフ劇場でクロージングセレモニー。