COMMENTS

  • 2017.09.20

    人との関係を築くことが出来ず社会を捨て己のテリトリーに籠る浮浪者の男と、男に依存する性格が故に結果悪い男に美人局をやらされてた女。その二人が出会い”亡命”と名付けた逃避行に待つものは… 人の「純粋さ」とそれがもたらす喘ぎが見事に描かれてた。主演2人の怪演が光る

    田山みきお/他称・失脚 さんの感想:ユーロスペース

  • 2017.09.20

    .絶望的に対話のできないノボルとノボルたちと私たちはこのあとどうなるんだろうっておもった。

    西山真来 さんの感想:ユーロスペース

  • 2017.09.20

    詩と社会の対立に思えた。「好き」という言葉は、誰かにとっては絶唱であり、同時に、誰かにとっては関係の矮小そのものなんだと、肚に流し込まれたみたいだった。一握どころではない砂にまみれて、身体が重い。

    龍健太 さんの感想:ユーロスペース

  • 2017.09.20

    「ぼくらの亡命」を見て負けそうになったけど、負けない。好きな人には好きって胸張って言い続けます。 同時期に公開できていることが嬉しくなりました。

    永山正史 トータスの旅 さんの感想:ユーロスペース

  • 2017.09.20

    なんか…すごかった…。なんだろう…。ハネケの映画観たあとみたいな気分。…

    篠原ゆき子 さんの感想:ユーロスペース