COMMENT:田山みきお/他称・失脚さん

人との関係を築くことが出来ず社会を捨て己のテリトリーに籠る浮浪者の男と、男に依存する性格が故に結果悪い男に美人局をやらされてた女。その二人が出会い”亡命”と名付けた逃避行に待つものは… 人の「純粋さ」とそれがもたらす喘ぎが見事に描かれてた。主演2人の怪演が光る

田山みきお/他称・失脚 さんの感想:ユーロスペース

COMMENT:龍健太さん

詩と社会の対立に思えた。「好き」という言葉は、誰かにとっては絶唱であり、同時に、誰かにとっては関係の矮小そのものなんだと、肚に流し込まれたみたいだった。一握どころではない砂にまみれて、身体が重い。

龍健太 さんの感想:ユーロスペース

COMMENT:山岡竜弘@池チャリアカウントさん

面白かった…。タイトルの書体にまで込められた登場人物たちの可愛らしさから目を背けたくなり、彼らだけの小さなテントが日本の未来にも思えて息が苦しくなる。この映画がサハリンに行くクロスオーバーに泣ける。亜衣ちゃん素晴らしかった。

山岡竜弘@池チャリアカウント さんの感想:ユーロスペース

COMMENT:近藤光博さん

前情報なし、あらすじすら読まず、飛びこみ鑑賞(*´ω`*)ボクにはうまくはまらなかったが(というのも、ずっと笑っちゃってたからだが きっとそれは監督が望んだ反応じゃないww)、好きな人はきっとただ真っ直ぐに好きになる、そんな作品なんだろな。とにかくパワーがある、個性がある、引っかかりがある… 現代の日本で、社会の常識と秩序の外へと落ち込んでいった男女の姿が 生々しく描かれる… その力量はたしかだ とくに印象的だったのが 主演の須森隆文さん! とにかく気持ち悪い、異様 抜け殻のような、鬱屈した、若いホームレスを 最高度によく演じてた いい俳優さんをめっけちゃったな(*^ω^*)狂気を狂気として狂気のままに描く作品… 多くの人もそうだろうが、ボクについても ハマるハマらないの落差がはげしい(ΦωΦ) ほとんどの場合、ハマらない 微妙な意匠でそれが決まるような気がする ただしこれは偶然の結果で、作品そのものの価値には対応していないんだろうな、と思う ボクには全くピンとこなかった「狂気」映画で 実際、人生を救われた一人の人のことをよく知っている その人にとってその映画は、自分の人生にゼッタイ欠かせないものとなった!(しかしボクはそれに共感も共鳴もできない)… というのは、なんと素晴らしい話だろうか(*´ω`*)

近藤光博 さんの感想:ユーロスペース

COMMENT:Tokyo Borderless TVさん

「ふゆの獣」2010年フィルメックス最優秀作品賞を受賞した内田伸輝の最新作。”他者への依存”というテーマが極限に至るまでに展開された作品/115分長過ぎて観客皆のダレ気味を察する..。主演の須森隆文さんのインパクトが残る

Tokyo Borderless TV さんの感想:東京フィルメックス2016

COMMENT:後藤 Sunnyさん

世捨て人みたいなノボルはキフユが自分のした事に恐怖して「どうしよう」と我を失っているのを匿い 亡命を提案 でもノボルとのテント逃亡生活に嫌気がさして 今度は行き倒れそうになって助けてくれた男に「どうしたらいいかわかんない」と言う こういう女にはなれないし 嫌いだ

後藤 Sunny さんの感想:ユーロスペース

ーーーーーーーーーーー
最後のノボルの咆哮 好きなのは判る でももっと何とかならないのかと歯痒い 最初から最後までノボルにはずっと歯痒さを感じながら観ていた 入江庸仁さんの声が凄く良かった  部屋にああいう貼紙しているような人だから落着きがあるのか とにかくあの声には説得力がある

後藤 Sunny さんの感想:ユーロスペース

ーーーーーーーーーーー
内田信輝監督の『おだやかな日常』の時は山本剛史さんの声に凄く惹かれたんだよなぁ『ぼくらの亡命』では入江庸仁さんの声に凄く惹かれた ちょっとエキセントリックになっているオンナを宥める声に弱いんだろうかアタシ

後藤 Sunny さんの感想:ユーロスペース

ーーーーーーーーーーー
作品としては好き 主役のノボルとキフユには全く共感出来ないし むしろ観ている間は嫌悪感すら感じてしまったが そんな風に感じて 入り込んで観てしまう作品としての力強さ 須森さん 櫻井さんの役者としての力強さを感じる作品だった 観て良かったです

後藤 Sunny さんの感想:ユーロスペース