COMMENT:奥山裕樹さん

始まりと終わりが個人的に凄く好きでした。音が素晴らしかった。”雑音”が映画後半の荒れ狂う波のように迫ってきて音に溺れそうでした。重苦しい雰囲気の中に、主人公の男の異常なまでのピュアな心が少しだけ光ってみえた気がします。全員怪演でした。尊敬します。

奥山裕樹 さんの感想:ユーロスペース