森谷勇太Yuta Moriya

【三上 Mikami】

1982年9月9日、山形県生まれ。海上自衛隊退職後、俳優の道へ。2006年たかひろや監督短編『となりの子』主演デビュー後、様々なワークショップで学ぶ。成長力と真摯な姿勢で、08年より映画・舞台・TVに活動の場を一気に広げる。2016年公開映画『貌斬り KAOKIRI』(監督:細野辰興)、『14の夜』(監督:足立伸)の演技で着火。天才劇団バカバッカ公演出演は4年目、「朝劇西新宿『恋の遠心力』」参加は2年目に突入、NHK Eテレ『シャキーン!』月曜日の男シリーズ「生きている」は角田晃広(東京03)とのコンビで、EX昼帯ドラマ『やすらぎの郷』(脚本:倉本聰)に名優に混じり定期的に出演。いま最も身体を壊してほしくない俳優の一人と言われる。[ほか主な出演作]NHK『坂の上の雲』2011/TV、『デコトラギャル美菜』監督:伊藤一平/2011・2012、『ドキュメンタリー八甲田山』監督:宮田聡/2012・2013、Lifeworksシリーズ『雨上がり』短編/監督:利重剛/2015、 『より道』監督:たかひろや/2016、YTV・NTV 『遺産相続弁護士 柿崎真一』2016~/TV。<リンク:http://www.iijimaroom.co.jp/profile/moriya_yuta.html